ブログ

2016.07.21

代表ブログ

電通と博報堂のコピーライターにお願いしたこと

6月3日、下記のトークイベントに参加してきました。
 
 
キャッチコピー
キャッチコピー2
 
 
日時 2016年6月3日(金) 18:30~20:30 ※18:00受付開始(予定)
場所 アド・ミュージアム東京 階段ホール(カレッタ汐留B1F)
 
 
プレゼンター
薬師実芳氏(特定非営利活動法人ReBit 代表理事)
川添高志氏(ケアプロ株式会社 代表取締役)
永田京子氏(NPO法人ちぇぶら 代表理事)
岩田拓真氏(株式会社a.school 代表取締役)
 
 
コピーライター
太田祐美子氏(株式会社 電通 コピーライター)
小野麻利江氏(株式会社 電通 コピーライター)
小川祐人氏 (株式会社 電通 コピーライター / CMプランナー)
戸澤麻里子氏(株式会社 博報堂 コピーライター / プランナー)
大石将平氏 (株式会社 博報堂 コピーライター / プランナー)
平佐慧氏  (株式会社 博報堂 コピーライター / プランナー)
 
 
総括 白土謙二氏 (思考家)
司会 須田和博氏(株式会社 博報堂 シニアクリエイティブディレクター)
協力 NPO法人ETIC. / 株式会社 電通 / 株式会社 博報堂
 
***
 
私から、依頼させていただいたことは、
ケアプロの予防医療事業と在宅医療事業の
事業部を子会社化した場合に、どのような社名がよいか?
という問いでした。
 
名前には、組織の目指すミッションや普遍的な価値観、
とはいえ事業内容を想像できる説明力、
また、働くメンバーのモチベーションにもつながるように、
という様々な想いが込められます。
 
※私も、川添高志という名前が、重要なコピーライトだと考えています。
 
様々な要素があるものの、その要素の関係性を把握し、
最も尖ったネーミングをクリアカットしていただくことが、
コピーライターの仕事だと思い、依頼しました。
 
今後、名前として活用する日が来るかもしれませんし、
いただいた要素やネーミングをチラシのコピーや
サービス名として活用することにもなるかもしれません。
 
今回は、このような貴重な機会をいただき、
運営者の方をはじめ、コピーライターの皆さんには、
心より、感謝申し上げます。