ブログ

2016.09.17

代表ブログ

【大河は誰のものか?】

 
滞在先の南インドで、
水利をめぐる暴動が起き、
外出禁止令まで出ました。(無事に帰れそうです)
この背景には信濃川の約2倍の長さの
Cauveryという大河の利権争い、
つまり、政治の問題があったのです。
生活用水が自宅にないスラム居住者が
IT都市バンガロール人口の30%もおり、
松下幸之助氏のいう水道哲学が必要です。
このインドという巨大国家の内情は、
多様な宗教、民族が、微妙な均衡を
奇跡的に保っている状況。
国家として、医療、教育、水、道路など
インフラ整備がどのように進められるのか。
大河は誰のものか?を考えさせられました。