ブログ

2017.10.04

代表ブログ

170万人170万色(職)のキャリア調査

【170万人170万色(職)のキャリア】
看護職は、看護師、保健師、助産師、准看護師がおり、
約170万人も就業しています。
出産、子育て、メンタル、糖尿病、認知症、がん等、
様々な健康課題に取り組む方法=キャリア、働き方があります。
その実態把握と活用のプロジェクトが動き出しました。
【看護職のキャリアに関する大規模WEB調査】
看護職の方に「看護職員の多様なキャリアと働き方」の実態調査
ご協力のお願いです。
WEB調査のリンク
日本看護協会は平成29年度厚生労働省委託事業
「看護職員の多様なキャリアパス周知事業」に取り組んでおり、
私は、本事業の副委員長をさせて頂いています。
この事業は、看護職員の数の確保とともに活躍する場の多様化に対応するために、
看護職員の多様なキャリアと働き方モデルを作成し、その周知を行うものです。
調査結果は厚生労働省に報告し、
「看護職員の多様なキャリアパス周知事業」報告書に掲載し、
平成30年4月以降に日本看護協会のホームページ、
看護職の就職やキャリア支援を行うeナースセンターホームページ等で公表予定です。

WEB調査の中には、なぜ、その仕事を選んだのか、など
具体的なストーリーも聞く項目があり、
ご本人の同意の上で、公表することも予定されています。
ぜひ、ご協力、ご周知のほど、よろしくお願いします。