ブログ

2014.11.11

代表ブログ

中野店6周年 ~FB1500いいね~

2008年11月11日に中野店をオープンしてから、
2014年11月10日で、丸6年となります。
20141105_01
週1回は中野店アルバイトさんらに顔出しに行きますが、
大切な意思決定をするときなど、
我々の原点と思ってお参りしています。
さて、開店当初の記念写真です。
20141105_02
まだ、写真も規模も小さく、夢だけは大きかったです。
銀座ルノアールは、実は中野が発祥で、
そんなルノアールに、中野区保健所の方に連れられて、
「医師を雇わないと、警察に告発しますよ」などと
脅されたこともありました。
しかし、創業期を支えてくれた利用者さん、仲間、支援者がいました。
利用者さんの一人、ワンコインさん。
20141105_03
20年以上健診を受けておらず、
血糖値は600以上、HbA1cは17.9。
お聞きすれば、1日水分6リットル摂取。
近くの総合病院に入院されて一命を取り留める。
入院病棟では「俺はワンコインで助かった」とおっしゃられて、
看護婦さんから“ワンコインさん”というあだ名を付けられたのだと。
ワンコインさんは退院後もケアプロに来てくださり、
商店街で出会うと一緒にルノアールに行ったものです。
時には、
「社長、顔色悪いじゃねえか」
「みんな必要としてるサービスだから頑張って」
と励ましてくださりました。
中野店開業1年、2年、3年、4年という頃は、
イオン与野店の閉店、銀座出張所の閉店、東急横浜駅店の停止など、
中野本店から戦いを挑むも、なかなか広げることができない時期でした。
そのため、催事を事業の中心として、血液検査ができないエリアは、
血液以外の検査にして、とにかく生き延びていきました。
そのような中、奈良県の西郷隆盛的な役人の方から、
「よし、奈良でやろう!」の一声で行政と実績が作れたり、
同じ志を持つ人達が、大変なときにいつも助けてくれました。
20141105_04
安倍政権になって、産業競争力会議で当時みずほ銀行頭取の佐藤さんが、
「ワンコイン健診の普及」を提言して下さり、
2014年4月に「検体測定室のガイドライン」として法整備されました。
議員、医師会、行政の方々のお陰です。
20141105_05
※官邸ホームページより
まだまだ、ケアプロの灯は小さいですが、
来年は、小田急さんのお陰で登戸駅へのエキナカ店舗や
上手くいけばインドへの展開など、
世の中に、予防医療の灯を広めていけたらと思います。
※在宅医療も頑張っております。寒い中でも24時間。
20141105_06
そういえば、今回のブログは、
「川添さん、ケアプロのFacebook1500いいね記念に書いて下さい。」
と広報の石原さんから言われたものでした。
これまで見守って頂きまして、本当に、本当に有難うございます。
今後も、みなさんから更に「いいね」と言って頂けるよう、
不可能と思われることでも、試行錯誤しながらコツコツと、
社員一同、邁進していきます。
川添高志