以下のイベントにて、「災害時に必要なトリアージ」についてご紹介してきました。

一般社団法人東京都訪問看護ステーション協会・災害対策委員会主催
第3回 災害対策イベント 災害時だからこそ 「つながる!」
 ~繋がる!連携する!継続する!途切れない!地域のネットワークを一緒に考えましょう~

医療救護所で行われるSTART法や避難所で行われるヘルスケアトリアージについてご紹介し、実際に、トリアージタッグについて記入してもらいました。
トリアージは、治療や搬送の優先度を付けることです。
病院だけでなく、訪問看護師が活動することとなる可能性の高い避難所や医療救護所では、トリアージの考えが大切になると思います。
今回は、約60名の方が参加してくださいました。
「ヘルスケアトリアージは、今まで知らなかったけど、初めて知って勉強になった」
「トリアージの方法をしっかり勉強していきたい」
などご意見をいただきました。
首都直下大地震はいつくるかわかりません。
災害時を想定して、様々な訓練や基礎知識が大切になるので、普及啓発活動にも努めていきたいと思います。