7月14日・15日大阪で行われました、日本在宅ケア学会に参加してきました。
第23回日本在宅ケア学会学術集会 http://184.73.219.23/jahhc/syuukai/23th/index.htm

事業部長の金坂から、訪問看護ステーションの大規模化における実態と課題について、ステーションの規模別に経営や質管理の項目の比較から分析検討した結果をご紹介しました。
ケアプロの6年の実績を振り返る素晴らしい機会になりました。
また、フロアから、訪問看護ステーション運営についてのご質問もいただき、有意義な時間となりました。
新卒訪問看護師育成における訪問看護ステーション受け入れ体制の課題のセッションでは、教育体制や風土についてディスカッションしました。
教育風土としては、3C(Care・Communication・Career)をキャッチコピーに教育風土を整えていく大切さ、スタッフ一丸となって新卒を受け入れる体制の重要性等検討ができました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

チラシはこちら