利用者様のお体の状態の変化に備えて、事前の準備を!と試みていますが、うまくいかないこともしばしばあります。
医療者としての視点でみると、ご本人やご家族は今は困っていないし、今後のイメージがつかず「意思決定ができない」ように捉えがちですが、「実際その状況になってみないと分からない」という状況も仕方がないようにも感じます。
先日の先輩スタッフの日報では、「病気を定型化して自分の先を読みずぎないでほしいとご利用者様からおっしゃられたというエピソードにハッとさせられました。」という一文がありました。
誰の・何のための意思決定なのか、改めて考えさせられる毎日です。

先回りしすぎて本人・家族を置いてけぼりにしないようなスピード感や距離感はとても難しいですが、本人・ご家族・他職種とチームで連携しながら、一人ひとりの利用者様と向き合っていきたいです。