看取り難民を救う訪問看護・居宅介護支援 ケアプロ株式会社

教育セミナー

新卒訪問看護師教育プログラムセミナー(通称:きらきら訪問ナースの会)

logo_kirakirahomonkango

2014年4月より、ケアプロと聖路加国際大学との共同事業として、「新卒訪問看護師教育プログラムセミナー」を開催しております。
きらきら訪問ナース研究会HP


事業目的

将来的に新卒訪問看護師教育のスタンダードプログラムを作成し、その普及や新卒教育・教育者教育を担って行くことを目的とします。目的達成に向け、本セミナーの活動を通して、①新卒訪看教育に関するガイドラインの作成、②新卒訪看教育の実践事例共有・当事者のネットワーキング、の2つを行います。

第1回セミナーレポート

2014年4月19日、第1回きらきら訪問ナースの会が、聖路加国際大学本館にて開催され、北海道から九州まで65名が参加した。
訪問看護事業所の管理者、教育担当、新卒、看護教員、学生、そしてメディア6社も取材参加。
きらきら訪問ナースの会は聖路加国際大学とケアプロ株式会社の共同事業として今回はじめて開催した。
新卒看護師が訪問看護師になるための教育プログラムについて、訪問看護ステーション看護師・看護教員・看護学生が、一緒に考えていくセミナー。

プログラムは、事例発表とグループワーク。
事例発表は、新卒看護師の採用と教育の実際について、
「訪問看護ステーションみけ」と「ケアプロ訪問看護ステーション東京」
から管理者と新卒がそれぞれプレゼンテーション。
グループワークでは、新卒のサポートに大事なことは?というテーマで、
参加者同士がディスカッションして様々な意見が出された。

本事業の運営メンバーである
全国訪問看護事業協会副会長の上野氏や
千葉大学教授の長江氏からは、
「これまで新卒は無理という考え方だったが、
本活動が業界を大きく変えていくきっかけになるだろう」
という意見があった。

参加者は本日の振返りシートの中で、
「自信を持って新卒訪問看護師のキャリアはあり得ると学生に言えるようになった」
「病院への就職が難しくなる時代が来るので、新卒訪問看護師の採用を検討したい」
「なぜ今まで新卒採用を考えてこなかったのかと改めて思った」
「新卒プログラムの詳細を聞いて、自分のステーションでも準備したい」
といった声が聞かれた。

2020年には看取り難民30万人と言われる時代。
訪問看護を担う人材育成のために、なればと切に願う。

education_seminar_01_01

education_seminar_01_02

education_seminar_01_03

education_seminar_01_04

education_seminar_01_05

education_seminar_01_06

※各写真は、画像をクリックすると拡大されます。

その他

●きらきら訪問ナース研究会
「新卒訪問看護師教育プログラムセミナー(きらきら訪問ナースの会)」のご案内
発表資料(PDF形式)

●きらきら訪問ナース研究会
「新卒看護師のための訪問看護事業所就業促進プログラム開発に関する
 調査研究事業報告書」の発行
発表資料(PDF形式)

Copylight © Carepro, Inc. All Rights Reserved.