看取り難民を救う訪問看護・居宅介護支援 ケアプロ株式会社

利用者の声

終末期がんのAさん

酸素ボンベを持ちながらだけど、田舎に最期の帰省ができたのは看護師さんのおかげです。

頸髄損傷で四肢麻痺のBさん

日中は仕事なので、夜間訪問してくれて助かる。24時間365日対応して頂ける所があって初めて、本当の意味で障碍者の自立と社会参加が可能になる。その意味で、ケアプロは砂漠のオアシスである。

永六輔さん

ei_rokusuke_R3

病気を抱えての放送はとても疲れます。リハビリで健康管理につとめています。

2016年7月7日:お亡くなりになられました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


訪問看護を利用されている吉田様

訪問看護を利用されている長屋様

Copylight © Carepro, Inc. All Rights Reserved.