2017/07/08、事業部長の前田和哉が浜松市の看護代表者会にお招き頂き、講演を行いました。
(前田は浜松市の、聖隷浜松病院ICUが前職場です)
記事はこちら▶ 講演@浜松:これぞやりたい看護!医療現場と訪問看護との連携

ご参加頂いた100名のうち、94名の方からアンケートのご回答を頂き、アンケートの集計結果を頂くことが出来ました。
一部抜粋してご紹介致します。

・訪問看護の魅力がよく伝わりました
・現場の話がリアルに聞けて興味深かった
・講師の先生の誠意を熱く感じました。現場のジレンマも共有できました
・病院に勤めていますが訪問看護に興味を持ちました。顔の見える関係の大切さがわかりました
などの嬉しい感想や、

・訪問看護の役割、施設の役割が互いに理解できることが大切だと感じた
・看看連携の互いの立場の違いを分かり合えるような機会を作りたいと思っているので頑張っている人を見てうれしかった
・病訪連携と今後の展望が参考になった
・総合病院と地域の連携は今後必要不可欠になると思いました。これからも情報を集めて協力し合っていけばいいと感じました
など今後の看看連携や地域連携のについてのご意見や感想も頂くことが出来ました。

今後も講演活動を通じて訪問看護の普及や、看看連携の促進などに貢献をしていければと思います。
頂いた声を参考に、今後の講演に活かしていければと思います。

弊社では随時講演の依頼を受け付けております。
是非ご連絡下さいませ。

講演の依頼はこちら▶ https://goo.gl/Yg3kxc