今年入職された新人訪問看護スタッフの日報より。
「訪問中の看護」から「地域で暮らす方への看護」へ。
とても大事な気づきのエピソードが共有されていたので、シェアさせて頂きます。

=====
本日は、利用者様が病院受診された後の訪問で、初めて余所行きの格好をされた利用者様の姿を見ることができました。
これまで部屋着の姿しか見たことがなかったためなんだか利用者様がいつもよりキラキラしているように見えたことがとても新鮮で、ふと「自分は狭い視野の中でしか利用者様を見ることができていないのかもしれない!」とハッとさせられました。
自分が訪問している時間以外の利用者様の姿を知ることでより効果的な介入に繋がるのかなと感じたので情報収集の幅を広げていかなければと思いました。
=====