若くしてがんとなった方の退院カンファレンスのため、都内の急性期病院に伺いました。
病院の方々は、家への退院は無理、家で療養する大変さを理解していないと話し、私たち訪問看護師に対して、在宅での療養を支える立場から、在宅での生活の厳しさを伝えてほしいとお願いされていました。

病室に伺い、実際、御本人にお会いすると、癌の転移で失明をして、抗がん剤を何度もしてもすでに効果は得られない様子でした。
ご挨拶の後に、お話をしていると、
『家に帰らないと病気が良くなっている気がしない』だから、
『いくら厳しい話を聞いても家に帰りたい。』と住み慣れたお家に戻ることに強い思いがあるようでした。
このお言葉を聞き、私たち訪問看護師とケアマネの想いは決まりました。

在宅での生活は確かに、病院のように24時間看護師が近くにいて、全てのサポートを得られる場所ではありません。
しかし、ご本人がお家で今の体の状況で生活する厳しさを理解したうえで、在宅を選択するのであれば、私たちは全力でサポートします。

私たち訪問看護師は、住み慣れた家で生きる力を支える看護を実践することが得意な看護師です。
ご本人が住み慣れた家で、生き抜く力を最大限に引き出し、サポートすることが私たちの仕事です。

生きる力が家に帰る事であるのにそれを止めることはしません。
家に帰って彼女の生きる力を最大限に引き出せるように頑張りたいと思います。

病院の退院支援の方になんとか頑張りますとお伝えし、何か困ったときは力になってくださいと支援をお願いして、病院を後にしました。