医学書院様の「週刊医学界新聞」の対談のコーナーで、「みんなで育てる!新卒訪問看護師 病院・教育機関は何ができるか」というテーマで掲載いただきました。
聖路加国際大学の山田雅子先生とケアプロ新卒訪問看護師第一号の小瀬文彰が対談をしております。
新卒訪問看護師から始まるキャリアの魅力と主体的な学びに不可欠な地域の協力について話が広がりました。
こちらからお読みいただけます。
医学書院/週刊医学界新聞(第3250号 2017年11月27日) http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03250_01

新卒訪問看護師になるキャリアが広まる中、訪問看護ステーション内のみでその人財育成を完結するのではなく、どのように地域の中で新卒訪問看護師を育てるシステムを構築していくかは重要な課題でもあります。今回の記事が、少しでも多くの病院や基礎教育機関の皆様にとって地域で人材を育むことについて考えるきっかけになれば嬉しいです。

最後に、このような貴重な機会を頂きました医学書院のみなさまに御礼申し上げます。