東京医科歯科大学附属病院と連携させていただいたご利用者様のケースについて協働事例検討会を開催しました。

退院調整看護師の方はもちろん、外来で担当した外来看護師、病棟でプライマリーだった病棟看護師など東京医科歯科大学附属病院のナースも大勢参加してくださいました。

退院から在宅療養に移行するために、どのような役割が互いに合ったのか、病棟看護師や訪問看護師、ケアマネの立場から、意見交換をおこないました。
また、関わっていて、難しいさや今後の課題についても共有し、より一層、退院調整・在宅移行支援に注力していこうと話し合いました。

一つ一つの実践から、互いの強みを理解し、家で暮らしたいと願う方々の生活を支援していく必要性を改めて感じました。