訪問看護師として働き、その後ケアマネジャーとして働いている看護師ケアマネの日報の紹介です。

===============
今度退院してくる利用者さんのお宅に退院前の訪問をしてきました。
主介護の娘さん、お嫁さんに話をうかがうと、
「病院の看護師さんは人によって指導内容が違って混乱している、2時間毎には吸引をして、輸液ポンプは家族で対応出来るようにとご家族が指導され、退院後、自分たちで対応できるのだろうかと不安になっていました」と話されました。

ケアマネの私から、訪問看護の役割や介護保険サービス、自費サービスなどの説明したところ、「大分肩の荷が降りました」と話してくださいました。

私が、病棟で働いていた時も、退院指導を一生懸命していましたが、振り返ってみると、家族を混乱させてしまうものだったのかなとなんとも言えない気持ちになります。

実際在宅ケアに携わったからこそわかった訪問看護やケアマネの役割や強味があります。

だからこそ、病棟看護師の方々へ、訪問看護やケアマネの役割を広めていきたいと改めて思いました。

利用者さんもご家族も、「利用者さんの家に帰りたい」という気持ちを実現できるように、日々頑張ります。