ケアプロ訪問看護ステーション東京では、これまでにマニュアル作り、訓練、備蓄、災害教育を実施しています。
昨年の訓練後のアンケート結果を反映させ、今年はよりスムーズな情報の集約と、様々な状況に合わせた対応、建物点検を加えた内容を実施しました。

安否確認訓練では、災害本部長・指揮者の役割を指名し、指示命令系統の確立、スタッフの安否状況の情報集約を行いました。
新しいスタッフも加わり人数が増えたため、スムーズな情報集約のためにツールを改善し、短時間でスタッフの安否を確認することができました。
けがを負ったスタッフ、訪問中のスタッフや勤務外のスタッフへの対応・指示をどうするのか、今後も様々な状況に合わせて訓練を重ねていきたいです。
また、ステーションの建物点検及び備蓄品の確認を新卒訪問ナースを交えて行いました。
いざという時に活用できるよう実際に使ってみることで、災害が発生した時の具体的な行動をイメージすることつながり、自分の身を守るためにも備えておくことが重要であるとスタッフ個々の意識が向上しました。

日頃から「防災」「減災」を意識して、「日常の延長に防災」があるステーション運営を目指していきたいです。

ケアプロ訪問看護 災害プロジェクトメンバー
佐藤 純 (June Sato) 日本DMAT登録隊員
香川 真実 (Manami Kagawa) 看護学修士(国際・災害看護学領域)