------------
同行訪問をさせて頂く中で、先輩が場を使い分け、ご家族との時間を設けている場面を多く見ます。
帰る間際にとる玄関先でのコミュニケーションはとっても勉強になります。
今後の看護の方向性をご家族と考えて行く上でも、困った時にSOSを出せる関係を築く上でも、ご家族にとって、大切な時間になっているように感じます。
また、先輩方がその時に作り出す空気感は、ご家族の表情が穏やかになるような、時間の流れ方が変わるような、なんとも言葉にできないゆったりとした時間になります。
まだまだ私自身ご利用者様と、まともにコミュニケーションとれないくらいですが、少しずつ先輩方に近づいていけたらと思います。
------------

4月に入職した新卒さんから同行訪問の一場面から日報を書いてくださいました。

ご本人の暮らしを支える上では、密接に関係するご家族への支援はとても重要で、訪問看護師は、ご家族や暮らしの様子に合わせて、ご家族の強みを信じ支えていきます。