2019年7月14日(日)・15(月)に、
京王プラザホテル(新宿)で開催された日本在宅医療連合学会学術集会に参加しました。

1日目は、
「訪問看護ステーションにおけるキャリアラダーの開発ーケアプロ訪問看護ステーション東京の取り組みー」という題目で、ケアプロが取り組んでいるキャリアラダーについてご紹介させていただきました。
ケアプロの特徴を加味しつつ、人材育成、能力開発を目的に作成したキャリアラダーについて
開発の経緯や特徴を具体的にご紹介させていただきました。

2日目は、
「地域の中で24/7体制をどのように確保するか」というセッションで、
事業部長金坂宇将が、「大都市圏に集中する高齢者人口の急増を見据えた戦略的な大規模訪問看護ステーションへの取り組み」
を具体的な実践データをもとにご紹介させていただきました。
大規模ステーションが注目されている中、実践の内容をご紹介でき貴重な機会となりました。
発表後には、聴いてくださっていた方々から、大規模訪問看護ステーションについての質問や取り組みについて問い合わせをいただき、注目の高さを実感しました。

引き続き実践状況を報告していければと考えています。