先月、鳥取大学医学部附属病院で行われた、
在宅医療推進のための看護師育成支援事業(T-HOC)の研修会に
講師としてケアプロ在宅医療事業部事業部長の金坂宇将と中野ステーションスタッフの2名が参加してきました。

この研修は、訪問看護師としての活動、看看連携、退院支援に必要な視点を
理解することを目的に毎年行われています。

中野ステーションの訪問看護師2名から、
担当しているご利用者様に対する「訪問看護の実際」を事例をもとにお話させていただきました。

訪問看護師が考える「在宅志向性」とは何か、
病院看護師だからこそ出来る「在宅療養意向のための支援」とは
どんなことかを一緒に考え、ディスカッションしました。

参加してくださった病院ナースの方のリフレクションシートから
・家に帰ってできるケアや生活を病院のときから
イメージして関わることが大切と気づいた
・いろいろなケアの方法がある中で、患者様やご家族と
一緒に考えていくことでニーズに対応できると思った
・在宅への退院は難しいのでは、と思っていたが、
研修に参加して、在宅退院を出来るように支援ができそうと思えた

等感想をいただきました。

在宅への療養支援は、看看連携なくしてはできないとおもいます。

素敵な機会をいただきありがとうございました!