こんにちは。
ケアプロ訪問看護ステーション東京 中野ステーションで勤務しております、佐藤文俊です。

私はこの春、大学院を修了し、日本NP学会のNP資格認定試験に合格をして4月から診療看護師として働くことになります。

それにあたり、
「大学院で学んだこと」「職場からの修学支援」「これからの働き方」について、お話させていただきたいと思います。

今回は、「大学院で学んだこと」をご紹介します!

診療看護師になるための大学院では、病態生理、フィジカルアセスメント、治療学、薬理学など、診療に必要な知識を医師から直接、講義と実習を通して学びました。

また、看護師が診療について学び、診療看護師として、どう価値を発揮していくことが、患者様のため、利用者様のため、ご家族様含めた関係者様のため、しいては医療のために貢献することができるのかを考える機会をいただきました。

OSCE試験(医療面接から診断、治療計画の提案までを、模擬患者様を相手に行う試験)の講評のときに、模擬患者をしてくださった方が学生全員に向けておっしゃった言葉を自分のなかで大切にしています。

『もし、看護師と医師が十分にたくさんいたら、診療看護師さんは必要なくなるんですか?(そうではないでしょう?)』

看護師としての実践を土台とし、診療について学んだ診療看護師だからこそ発揮できる価値とは何か。

それを、私たち診療看護師は、実践と結果を通して多くの方々に知っていただき、認めていただけるよう努力していかなくてはいけません。

診療看護師の資格を取ってからが、スタートであり、日々研鑽を積んで自らを高め、気を引き締めて日々の看護実践に取り組んでいきたいと思います。

“もっと話を聴ききたい”、”どんな職場なのか見学してみたい!” という方は、
お気軽にケアプロ訪問看護ステーション東京のFBページやホームページから、
メッセージ・お問い合わせいただけたましたら嬉しいです。

FBページ:https://www.facebook.com/pg/carepro.zaitaku/posts/?ref=page_internal