************

介入終了となっていた利用者さんから、
また看護師に来てほしいという連絡が来ました。

当時はさほど介入を必要とされておらず、
金銭的な問題もあり終了になっていました。
終了後も奥様ご逝去後に挨拶へ行ったり、先日も一回忌で電話をしたばかりでした。
困った時に、連絡しようと思い出してくれる立ち位置に
ケアプロが居られたことに安堵しつつ、
そんなに訪問看護を必要としていなかった元利用者さんが、
自らヘルプを出してくるほど切羽詰まっている変化に、
切ないような、なんとも言い難い気持ちになりました。

人の関係性を処方する社会的処方が最近注目されていますが、
「繋がりを求めていない孤独を好む人へ関係性やコミュニティをわざわざ紹介するのはエゴではないのか?」
との質問に、
「あなたがその人と繋がっていればそれでいい。何かあった時にその人はあなたに頼れます」
と社会的処方の日本の第一人者の西先生が話されており、
今回のケースでは別に孤独が好きではないけど結果として孤独になった時、
頼ってくれるセーフティーネットとなり得た部分もあるのかなと感じました。

改めてご逝去後・サービス終了後も継続的なフォローをしていくことの必要性を感じる経験でした。

 

************

日報とは:過去記事「ケアプロの業務日報の紹介」を参照下さい。
→URL:https://carepro.co.jp/recruit-zaitaku/2525

採用面接・見学会・インターンへのお問い合わせ・ご応募はこちらから!
→URL: https://carepro.co.jp/recruit-zaitaku/entry
 ※WEB申し込みは24H受付中です