鳥取大学医学部附属病院で行われた、T-HOCに講師として
ケアプロ在宅医療事業部事業部長の金坂宇将と
足立ステーション小川奈美が講師として参加しました。

この研修は、訪問看護師としての活動、
看看連携、退院支援に必要な視点を
理解することを目的に毎年行われています。
今年は、コロナ禍ということで、
東京の ケアプロ訪問看護ステーション東京から
遠隔での講演となりましたが、
鳥取大学医学部付属病院では、
グループワークも行ってもらい、
このような中でも活気あふれる研修会となりました。

在宅への療養支援は、看看連携なくしてはできないとおもいます。
素敵な機会をいただきありがとうございました!