ケアプロでは、大学病院と訪問看護を看看連携を強化し、よりスムーズな在宅療養の移行などを目指し、東京医科歯科大学附属病院の退院リンクナースの方と勉強会を開催いたしました。
退院リンクナースの病棟看護師の方とケアプロの訪問看護師がチームに分かれて、在宅生活をしているクレイの方が誤嚥性肺炎で入院したという事例で各々の立場や役割から、意見を出し合いました。
日々の看護実践を思い出しながら、活発な意見交換となりました。

病院の退院リンクナースの方から、
「訪問看護を導入してほしい入院中の患者様に
訪問看護の導入を受け入れていただくコツは??」
という質問もいただきました。
まだまだ、患者様には訪問看護の役割を理解していただくまでには至っていないところもありますが、訪問看護の特徴やよくある誤解、訪問看護師だからこそできることなどを所長よりご紹介させていただきました。

よりスムーズな在宅療養への移行をするためには、病院看護師✕訪問看護師の連携はまだまだ課題もあります。

看護師同士だからわかることと、在宅と病院の違いがあるから理解し合わなければいけないことなど、看護✕看護の連携はまだまだ課題が有ります。
互いに刺激し合いながらよりよい病院ー在宅の連携を目指していきたいと思います。