2017年4月3日、春が訪れ抜群の入社日和にケアプロ株式会社在宅医療事業部には看護大学を卒業したての新卒訪問看護師2名、病院で経験を重ねて訪問看護にチャレンジする若手の新人訪問看護師5名、合計7名の仲間が入社してくれました!

入社式では社長の川添よりケアプロ株式会社について紹介したのち、一人ひとりに辞令が手渡されました。
予防医療事業部の事業部長落合から、セルフ健康チェックの活動を紹介したり、在宅医療事業部の事業部長前田から、目指す訪問看護ステーションのあり方について詳しく紹介いたしました。
これから、新卒・新人が挑戦するケアプロの訪問看護師としての自覚をもち、楽しみながらいろいろなことにチャレンジしていくでしょう。
どうぞ新しいケアプロの仲間をよろしくお願いします。

ケアプロでは、たくさん不安がある中で、新卒・新人が入社してくるので、少しでも不安を減らし、戸惑いなどが少なくなるように、入社オリエンテーションを約4日間にわたって行なっています。
入社オリエンテーションでは、まずは、ケアプロ株式会社のことをよく知ってもらい、大好きになってもらえるように、ケアプロ株式会社の成り立ちや特徴、大切にしているミッションなどを共有しています。
次に、訪問看護を取り巻く社会状勢や業界についてを勉強していきます。
訪問看護が地域包括ケアの中で重要な役割を担っていること、その中で、ケアプロ訪問看護ステーションはどの様なポリシーでやっていこうと考えているかなど具体的に今までの活動とともに紹介していきます。
そして、これから訪問看護師として一歩一歩成長できるように、支援していくこと、努力してほしいことなどをお伝えします。
加えて、新卒・新人が自らの傾向を理解して成長できるように、コミュニケーション研修と題して、今までのリフレクションも行いました。
また、訪問看護の現場に飛び込んだときに戸惑うことが多い、ICTツールの使い方についても丁寧に実践を含めて身につけていきます。
電子カルテの使い方や情報収集の仕方なども十分な時間をかけて行います。

覚えることがたくさんで、いっぱいいっぱいなところもあるかもしれませんが、少しずつ身に付け、少しでも早く訪問看護の醍醐味に触れ、訪問看護の楽しさを味わってほしいと思います!