2017年11月25-26日に開催されます、第7回 日本在宅看護学会のシンポジウムにて、ケアプロの新卒訪問看護師第1号であり、社外にて『全国新卒訪問看護師の会』の創設・代表を行っている小瀬文彰が登壇致します。

「多様化するニーズに応える訪問看護師の人材育成」をテーマに、新卒訪問看護師のキャリアの可能性とその育成についてお話する予定です。
また、業界を代表するそうそうたるメンバーでのシンポジウムとなっておりますので、今後の日本における訪問看護師の人材育成について、多角的に検討できる場となると思います。

ぜひ、同学会に参加されます方は、ご来場いただければ幸いでございます。

 

<シンポジウム概要>
日時:2017年11月25日
テーマ:「多様化するニーズに応える訪問看護師の人材育成」
シンポジスト:
柴田美奈子氏(株式会社ラピオン 山の上ナースステーション代表取締役)
齋藤訓子氏(日本看護協会常任理事・看護師職能領域Ⅱ担当)
小瀬文彰氏(全国新卒訪問看護師の会代表・ケアプロ株式会社ケアプロ訪問看護ステーション東京)
並木奈緒美氏(公益社団法人山梨県看護協会ゆうき訪問看護ステーション所長・在宅看護専門看護師)
チラシ:http://www.zaitakukango.com/shukai_7th/shorui/7th-poster.pdf

<全国新卒訪問看護師の会_ホームページ>
https://freshvisitingnurse.themedia.jp/