東日本大震災から5年が経過。 首都直下地震などが起こる可能性が様々なところで報告されております。
ケアプロ訪問看護ステーション東京では、大地震は私たち地域に根ざす訪問看護ステーションだからこそ対策できることがあると考え、活動を開始しています。

まずは、訪問看護ステーション専用の災害時マニュアルを作成を致しました。
更に、主要メンバーが災害医療、地域防災の知識をつけるべく、日本集団災害医学会が監修するB-HELP研修にも参加し、プロバイダー認定をいただきました。
そして全スタッフを対象に、災害医療地域防災の基礎知識を学習すべく、複数回に渡り社内勉強会を開催しています。

今後は災害訓練を重ね、いつ起こるわからない災害に備えていきたいと考えています。
そして、訪問看護ステーションにしかできない災害対策として、「災害前看護」として、ご利用者様への災害対策教育、準備にも取り組んでいきたいと思います。