7/15、東京情報大学のオープンキャンパスに小瀬・黒堀が参加させて頂きました。
東京情報大学 特命副学長 加納佳代子先生と、「私の新卒訪問看護師奮闘記」というテーマでの対談でした。

オープンキャンパスに来られた高校生のみなさんやご家族だけでなく、大学の学生さんや地域の方もご参加頂いていました。
「新卒訪問看護師になって、入る前と入った後でイメージと違ったことは?」
「始めたばかりの頃と、今とで変わったことは?」
など、セルフネグレクトの利用者さまとの関わりや看取りの際のご家族との関わりなど、それぞれの経験を踏まえてお話させて頂きました。
学生さんからも質問を頂き、訪問看護師をしていて一番嬉しかったエピソードや、辛いことをどう乗り越えたかについてもお話させて頂きました。

対談のなかで自分の経験を振り返ると、どのエピソードを紹介させて頂こうか迷うほど、印象的な利用者さまとの関わりやご家族・関係者のみなさまからの励ましがたくさん思い起こされ、改めて、「新卒訪問看護師」としての奮闘の日々は多くの方々に支えられていることを感じました。
今回の対談で、看護師を目指す方々に「訪問看護って楽しそう」「新卒でもできるんだ」と、少しでも思って頂けていたら嬉しいです。