東京の中野区・足立区 ケアプロ訪問看護 採用・求人サイト

STAFF INTERVIEW

病院とは全く違った物事の捉え方や看護観に気づくことができた

看護師 若手 萩本 悟史
大学病院救命ICU病棟にて、5年勤務、その後、ケアプロ訪問看護ステーション東京に入社。

転職されたのはどんな理由からですか?

キャリアが進むに連れて繁忙な業務の中で、
ベッドサイドに向かう時間がすくなっている働き方に疑念を感じたため。

初めての訪問看護はどんな印象でしたか?

地域に根付いた医療であり、とても暖かみがあると感じました。

訪問看護の魅力はどんなところですか?

病院で経験したことも活かせるが、病院とは全く違った物事の捉え方や看護観に気づくことができたので、
いち看護師として貴重な経験を積むことができている。

訪問看護は「若手では難しい」と言われていますが、
実際に働いてみてどう思いますか?

病院のようにモニターがあるわけでもないし、すぐに検査できるわけでもない現場なので、
フィジカルアセスメントや看護師としてのセンスが問われる場所であることは実感しています。

また新卒で訪問看護を始めた場合、経験できる症例も大学病院と比べると少なくなるのかな、とは思います。

これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

まだ模索中です。ケアプロには、様々な方向性やキャリアを積んだスタッフの方々が
在籍しているので、その中で自分自身に一番合ったキャリアアップを積んでいきたい。

 

スタッフインタビュー