東京の中野区・足立区 ケアプロ訪問看護 採用・求人サイト

STAFF INTERVIEW

責任は重いけれど、その分成長に繋がる!

セラピスト ベテラン S.H
総合病院のリハビリテーション科で勤務を経験し、
ケアプロ訪問看護ステーション東京にアルバイトとして入職。
2020年前職を退職し、正社員として勤務。
現在は、チームリーダーを担う。

転職されたのはどんな理由からですか?

病院で急性期や回復期から維持期までみてきましたが、病院では、個別の在宅での生活環境を見通し、
それに向けた真の個別性のあるリハビリを提供していくことに限界を感じる様になりました。

訪問リハビリの魅力を教えてください

なんといっても、利⽤者様がどんな暮らしをしているのか、してきたのか、家族がどんな関わり⽅をしているのかがわかります。病院はADLが自立したら退院。在宅はその先があって、ADLを含むいわゆる衣食住と服薬状況や趣味活動、社会活動などに視野を広げて、セラピストとして何ができるかを考える必要があります。
私⾃⾝、振り返り「出来てないな」と思うことあり、学ばされることばかりです。

ケアプロでの実践や看護師との連携について教えてください

病院では、よくも悪くも「分業」という感じがします。例えば、リハビリ室で患者様が急変したら、
なによりも看護師や医師を呼ぶ事が優先される場面が多いと思います。
しかし、在宅の現場では、自分が状態の確認や情報収集を主体的に行う事になります。
それをもとに、看護師と報連相など連携が必要になるので、迅速かつ適切な判断が求められます。
責任は重いけれど、その分成長に繋がると信じています。

これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

入社して数ヶ月ですが、全く予想しなかった業務をさせて頂いております。
これから想像もつかない刺激的な⼈⽣になるのかなと期待が膨らみます。

スタッフインタビュー