東京の中野区・足立区 ケアプロ訪問看護 採用・求人サイト

STAFF INTERVIEW

「住み慣れた場所で自分らしく過ごしたい」という思いを支えていきたい。

看護師 新卒 橋本 壮史
新卒として、2019年4月ケアプロ訪問看護ステーション東京に入社。

訪問看護を目指した理由を聞かせてください。

自分の祖母が入院中に「家に帰りたい」と言っていたのを聞き、なぜ退院することが出来ないのか疑問に思っていました。
そんな中、大学の講義で訪問看護の存在を知ったことがきっかけです。
大学のゼミの先生に背中を押されたことや、実際に新卒で訪問看護師として働いている方々の話を聞いて、飛び込んでみようと思いました。

働く前に不安に思っていたことはありますか?
また、それはどのように解消されましたか?

新卒では知識や技術がほとんどなく、本当に訪問看護師として働いていけるのか不安でした。
ケアプロに入社したことで、同じように新卒で入った先輩方からのアドバイスを頂けたり、1人で訪問するまでにしっかり知識や技術を身につけ、経験を積み重ねることで自信を持って訪問することが出来ました。

ステーション選びの中で大切にしていたことはなんですか?

ステーションの雰囲気や、自分が成長できる環境にあるのかを大切にしました。また、新卒で訪問看護を始めたスタッフがいるのか、ということもステーションを選ぶ際には大切にしました。

実際に入社してみていかがですか?

様々な業務に追われるため、想像していたよりも大変ですが、先輩方やリーダー、上長など周囲のサポートがあるため充実した日々を送っています。
また、利用者様の生活が望んでいたものに少しでも近づいていく様子を見ることができ、訪問看護という仕事を選んでよかったと思います。

これからどんなキャリアを築いていきたいですか?

まだまだ知識も経験も浅いですが、1日でも早く、利用者様が望む生活を支えることが出来る一人前の訪問看護師になりたいです。そのためには、利用者様が命をかけて教えてくださる学びや経験を1つ1つ大事に積み重ねていきます。
自分が訪問看護を目指したきっかけを忘れず、「住み慣れた場所で自分らしく過ごしたい」という思いをこれからも支えていきたいです。

スタッフインタビュー