東京の中野区・足立区 ケアプロ訪問看護 採用・求人サイト

STAFF INTERVIEW

今、挑戦したい。
飛び込んでみた訪問看護の世界

看護師 若手 河村 知沙
約4年間の病院勤務経験を経てケアプロへ転職。
看護師を志した きっかけである訪問看護師の道へ。

訪問看護に転職されたのはどんな理由からですか?

私は、もともと看護師になろうと思ったきっかけが「在宅」で看護をやりたいなと思っていたので、
いつかは訪問看護をしたいと思っていました。

学生時代、実習に行った時の印象で、
「新卒で訪問看護の世界に入って、やっていけるのかな?」と思っていたので、最初は病院で修行しよう!という気持ちでした。
それで、ある程度経験積んでから訪問看護に来ました。

病院で勤務したのは4年間で、結構短い方かな。とは思うので、迷いもありましたが、、、。
ある程度、病院でやりたいことは経験させてもらえたと思いました。

それに、ここに(ケアプロ)見学に来た時に
「もう明日からでも、おいで!」と言ってもらえたんです。

挑戦する時期が早い遅いは きっと無くて、
行きたいって思ったときに行けばいいんだなと思えたので、このタイミング転職をしました。

初めての訪問看護はどんな印象でしたか?

ある程度、想像はしていたんですが、思っていたより「大変」でした。

病院という空間だと、看護師として管理しようとは意識していなかったけど、
そこに患者さんがいて病院のルールに合わせて過ごしてくださっていて、それに気づかずに接していたんだなと気付かされました。

訪問看護だと、家なので、その人が主体で、その人の環境・空間に入って行くことの
敷居の高さと難しさを感じました。

訪問看護の魅力はどんなところですか?

病院勤務時代には、「患者さんの生活面、社会面を見ないと。」と思いながらも、
接するときはどうしても患者さんとして見てしまっていました。

でも、お家にいれば、お母さんだったり、奥さんだったり旦那さんだったりして、、、。

その方の自然な形で関われるのが良いなって思います。
「生活全体を看たい!」と思っていたことが叶う場所にいるんだなと思えてることが一番嬉しいです。

訪問看護は「若手では難しい」と言われていますが、
実際に働いてみてどう思いますか?

現場で使う、知識や技術は勉強したら補えるので、
若いから出来ない。というのは全く無いですし、利用者様への関わりもみんなで相談しながら
協力してできるので、安心して働けています。

でも、自分の人生経験がまだまだ少ない中で、70代や80代の利用者様のお看取りをサポートするとなると、
看護師として必要なケアはできますが、
人としての経験の浅い分、ご本人やご家族様の“支え”になる為には相当の努力も必要だし、
関わり方が難しいなあと感じることがあります。

そこがベテランとの違いかな、と思いました。
自分も人生経験を積んだら、ケアに深みが出るのかな?と思うこともあります。

ケアプロの訪問看護の良さを教えてください!

妥協しないところです。

自分にとってはその姿勢が良いな、と思います。

利用者様へのケアとか、介入の方向性で妥協するということが無く、
とことん突き詰めてみんなで考えていくところです。

結果それって、利用者様の為になるであろうことばかりだと思います。
悩んだり、疲れてしまったりもすることもありますけど、自分たちの糧となっています。

そこは変えたくないな!と思います。

今後のキャリアはありますか?

私自身、知識が足りないな、と思う事が多くなってきて、
まだまだ身につけないといけないことが沢山あるなと感じています。

なので、ゆくゆくは大学院に通いたいと思っています。
もちろんそのあとは、訪問看護を続けたりもしたいし、退院支援にも関わったりしたいと思います。

私が病院勤務時代には、退院支援ができていなかった部分もあったので、
そういうことをしてみたいなとも考えています。

スタッフインタビュー