【全国HbA1c平均値比較MAP】

公開日:2020/07/28  最終更新日:2021/04/02

※2021年2月:鳥取県を追加いたしました。

 

ケアプロでは2019年2月~2020年12月にかけて47都道府県で4208名の方の測定を行いました。

その中からHbA1cの年代・性別の比較、都道府県の比較についてまとめました。

1.HbA1cとは

検査直前の食事の影響は受けず過去1~2か月の血糖値の平均的な状態を表す指標であり、血糖値の管理に有効とされています。

2.基準値について(人間ドック学会より)

基準範囲:5.5%以下

要注意:5.6~6.4%

要受診:6.5%以上

 

3.年代・性別ごとの平均値の比較(女性=2886人、男性=1322人)

 

被験者数
HbA1c平均値
女性 男性 合計 女性 男性
20代 477 254 731 20代 5.41 5.37
30代 874 370 1244 30代 5.50 5.49
40代 568 275 843 40代 5.71 5.77
50代 565 217 782 50代 5.80 6.04
60代 290 152 442 60代 5.95 6.06
70代 100 49 149 70代 6.08 6.21
80代 12 5 17 80代 6.18 5.80
2886 1322 4208 (単位:%)
(単位:人)

・40代以降は70代まで上昇するが、80代は低下していた。

・女性・男性ともに人間ドック学会の基準値と照らし合わせると40代で要注意となった。

4.各都道府県別の比較

 

 


・平均値が最も低いのは5.29%の鳥取県であった。
・平均値が最も高いのは5.92%の滋賀県であった。
・東日本では埼玉県のみ5.8%を超えていた。(5.83%)
・高値の都道府県は近畿・四国地方に集中していた。

 

6.まとめ

ケアプロでは2019年に大阪に西日本拠点を設置いたしました。

これからも西日本含め全国に健康チェックをお届けしてまいります。

7.関連記事

食後高血糖について

コロナ抗体検査について

 

ケアプロでは法人・団体様向けに簡単で手軽な予防医療ソリューションをご提供しております。

今やだれもが生活習慣病のリスクにさらされる時代に、これからの健康について一緒に考えてみませんか。

詳細はコチラ↓↓

ケアプロの予防医療ソリューションについて

その他の記事はこちら

インタビュー

弊社の健康チェックイベントを導入していただいた企業のインタビュー記事となっております。

レポート

弊社が全国で健康イベントを行い、得られた独自情報を公開しています。

健康チェック活用事例

健康チェックイベントで扱っている検査項目について解説しています。どんな項目がいいのかお悩みの方はぜひご覧ください。

社会課題への挑戦

様々な企業と協働しながら、健康に関連する様々な社会課題の解決に取り組んでおります。

コラム

弊社の活動や様々なトピック、最新情報をご紹介します。