ブログ

2016.09.27

代表ブログ

健診弱者の血糖値300にビックリ

シルバーウィークの9月18日(日)に、
川崎市多摩区役所保健福祉センターのイベントに出店しました。
 
%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82
ものすごい、狭いところでしたが、
ひっきりなしに99名の方が、血糖値測定をされました。
 
最初の方が、血糖値300で、担当看護師はビックリ!?
したとのことです。
 
今回は、子育て中の方からご高齢の方まで、
多摩区民の方への糖尿病予防の啓発のために、
ケアプロとしてボランティア活動として
無料提供させていただきました。
 
有料では利用されないような方にもご利用いただき、
非常に意義のある取り組みになったと思うと同時に、
インパクトボンドのような仕組みで、
予防医療効果(医療費抑制、健康寿命延伸、納税増など)
が見込めれば、他の財源確保もできると考えています。
 
下記、結果概要です。
 
<ご利用者の声>
・30代女性
妊娠中高血糖と言われたんですが、最近検査できていなかったんです。下がっててよかった。
 
・60代男性
検査なんてしたことないよ〜。高いの?そうかあ。→健康相談をお勧めしました。
 
・70代女性
要注意なのね。老人健診は行ってるんですよ。甘いもの好きだから。
 
・60代女性
今まで高いって言われたことはないです。→要注意。今年は健診これからだから、行った方がいいわね。
 
・70代女性 結果:要注意
とくに心当たりはないんだけどね。でも、お酒は、毎日飲むのよね。これかな?
 
・60代男性 結果:要注意、健康診断を最後に受けたのは10年以上前
普通の食事を食べてるからな。とくには、血糖値が上がる心当たりはないよ。でも、健康診断は随分受けてないから、前の数値のことなんて覚えてないな。
 
・70代男性 結果:要注意
登戸のお店?知ってるよ。あそこで検査できるんだね。どんなもんかわかったから、次はもっと気軽にできるよ。
 
・70代女性 結果:要注意、健康診断を最後に受けたのは約5年前
仕事を辞めてから、健康診断を受ける機会がなくなっちゃったのよね。ここで健康診断のこと、教えてくれるの?へぇー、ちょっと行ってみるわ。
 
 
<データ>
■子育て世代から中高年まで幅広い利用でした。

男女・年代 男性 女性 合計
20代 0
30代 6 7 13
40代 4 11 15
50代 1 2 3
60代 6 12 18
70代 12 28 40
80代以上 4 6 10
合計 33 66 99

 
■通りがかりがほとんどなので、他でも人通りが多いところでやれば集客は可能。

イベントを知ったきっかけ(人)
通りがかり 34
ご紹介 13
ポスター、チラシ等 27
未回答 25
合計 99

 
■ケアプロユーザーが既に5名。関東圏には数万人のリピーターがいることを再確認。

リピーター人数
リピーター 5

 
■健診を受けていない方が、3割。

健診受診状況(人)
毎年受ける 64
2-3年前 15
4-9年前 7
10年以上前 6
通院中 4
未回答 3
合計 99

 
■要受診が4名。

血糖値
基準値 73
要注意 22
要受診 4
合計 99

 
<スタッフの声>
自覚症状のない方が多かった。
保健センターの相談につなげることが出来た。
無料だから普段受けないような人が受けてくださった。
 
****
 
今回を数値で振り返ると、、
 
<今回のイベントのアウトプット>
・99人の血糖測定(コスト約2000円/人×99人=約20万円)
 
<今回のイベントのアウトカム>
・28人未受診者にアプローチできた(約7000円/人)
・要受診が4名(約5万円/人)、要注意が22名(約6000円/人)
・推計人口140万人に換算すると・・・2.8億円で約5600人の要受診者にアプローチできる。
・課題としては、病院に通院したか、医療費はかからなかったか等、検証が必要。
 
<今後について>
川崎市の方と相談させていただきながら、
継続的・効果的な取り組みを展開していけたらと思います。