革新的なヘルスケアサービスをプロデュースする ケアプロ株式会社

ケアプロ代表“川添高志”のブログ

6.17地方創生シェア会案内

こんにちは、川添です。

雲南市×おっちラボ×ケアプロの取り組みについて、
おっちラボの矢田代表をお招きして、シェア会を開催します。

20150611_01
※写真は、霞ヶ関に一緒に行った時の様子。まだマフラーの季節でした。

下記、詳細です。

シェア会開催!
「中山間地域における訪問看護ステーションの拡充×若者チャレンジ 地方創生戦略として」

2015年5月より、内閣府が進める、地方創生事業として、
ケアプロ(株)×NPO法人おっちラボ×島根県雲南市 は、
中山間地域医療の課題解決と若手ナースたちのチャレンジ支援を目的に、
訪問看護ステーションの立ち上げ支援を開始しました。

今回の地方創生事業の、取組の実情や背景、中山間地域のリアルな課題と未来について、
おっちラボ代表の矢田明子さんをお迎えし、シェア会を開催します。

<シェア会詳細>
【ゲストスピーカー】NPO法人おっちラボ代表 矢田明子
【日時】6月17日(木) 19:00~20:00
【場所】英治出版オフィス(JR恵比寿駅西口徒歩3分)
    http://www.eijipress.co.jp/lab/access.php
【費用】参加費無料!
【参加申し込み】http://goo.gl/forms/bPJiyJtQMk
【懇親会】20:00-22:00 任意参加 3000円程度/人

雲南市は人口4万人の都市で、美しい山間に囲まれた町ですが、
高齢化率37%以上、市内の訪問看護ステーション数は1か所、
訪問看護師数は人口1万人に対して1.9人と、医療看護資源に乏しい中山間地域です。
http://www.city.unnan.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html

NPOおっちラボは、2013年よりこの雲南市において人材育成を中心に若い人の起業チャレンジを応援し続け、そのうちの一つの取り組みとして、Uターン・Iターンの人材をベースに訪問看護サービスの空白地帯を埋めるため、訪問看護ステーションを開設することになりました。
http://occhilabo.com/

ケアプロでは、看取り難民30万人を防ぐため、「24時間365日モデル」「新卒・新人訪問看護師の育成」「ITを駆使した効率的なサービス」の訪問看護事業を展開しており、中山間地域における訪問看護事業の立ち上げ・運営支援を教育事業として位置づけて支援を始めています。
http://carepro.co.jp/recruit/zaitaku.html

 | 

“6.17地方創生シェア会案内” への1件のコメント

  1. 川添高志 より:

    6月17日(木)とございますが、正しくは、6月17日(水)でした。

    大変申し訳ありませんがよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copylight © Carepro, Inc. All Rights Reserved.